noboritaiarukitai’s diary

ボルダリングを主にしたクライミングと登山のページです。

はじめてのボルダリング

 ボルダリングジム撰びから


f:id:noboritaiarukitai:20170718104518j:image

カラフルな壁をエイヤッて登るらしいけど、ルールは有るんだろうな~と無知なまま、とりあえず行ってしまえ!と初心者対応の有るジムを探しました。

登山を長くしていると、クライミングジムの事を聞くことは有ったのですが、なにせ興味が無かったので、

近くにある古めのジムはゴリゴリ登るお兄さんで混雑している 

ロープクライミングのジム(ボルダリングコーナーも併設)は山岳会のおじさま方の目が光っていそうで、

どちらも軟弱そうなおばさんは場違いで落ち着かないかも?と避けたい気がして躊躇していると、少し離れた所に初心者に優しいを売りにするジムがオープンすることに!ここだ!

 

 初心者歓迎はどこでもうたっている。具体的なサポートと、壁の角度や難易度を確認しよう!

  1. 初心者講習は必須!有料でも受けたい
  2. スラブや垂直壁も無いと短時間で腕終了
  3. グレードに偏りが無くて初心者でも楽しめるか?

 

いよいよ初ボルダリング

Web上ですが、とある登山のカテゴリーでやりとりをした事の有る方が、子どもや初心者に優しいジムを作ると言うので、オープンを待って足を運んだのは、秋の深まった街の並木が印象的な日でした。
f:id:noboritaiarukitai:20170718103754j:image

初心者で有ることを伝えて受付を済ませると……他にはお客さんが居ません!

まだちゃんとはオープンしてなくて💦そして、ガタイの良いちょいこわもてオジサンから、みっちり講習のはじまりでした。(初接客業でレジに戸惑うところはかわいい)

 

そこは混雑する今でもそうですが、初心者の初回は

先ず怪我防止にストレッチを丁寧に行います。「筋力が最大限使えなくなるとも言うけど、普段使わない筋肉を傷めないように先にしっかり伸ばします。」肩は特にとかスポーツ経験や最近の運動してるかとか聞きながら結構長くやります。

それから、

安全の為の注意事項の説明

ボルダリング共通のルールの説明

このジムの課題を表す印(テープ)の見方

を聞いて実際に壁を!の前にホールド(カラフルな人工石)の種類と名称も聞いて

 

ようやく本番!


f:id:noboritaiarukitai:20170719235952j:image

天井低めのジムなんですが…上まで行くと…こわい。無駄に力が入るのは室内でも変わらな~い💦

しかしバランスだけは良いので傾斜80度の壁は立っていられる。85度 垂直 95度と来ると、腕力不足の身に恐怖心が襲ってくる。こわい。

ライミングらしいコツを習い、見本を見せて貰いながらあれこれ登り、登れたよ♪終盤指定された105度は無理に見えた。それでも登山でザックを背負って垂直の壁なら此くらいの体感と説得されて?いやいやチャレンジ。そうだよ私はジャンダルムへ行くのだ!と勇気を振り絞り、お手本に忠実に、登りました。ゴールホールドをを両手で掴んで成感一杯に。

そのあとがね~下りるのがまたこわい(笑)

 

クールダウンに簡単な課題を登ったあと

登れましたねと笑顔でおだてられジャンダルム行けると良いですねと励まされてホットに帰宅

そして翌日はジャケットを着るのも辛い状態に!ホールドは渾身の力を込めて持たなくても良いのです。💦

 

ロープクライミングと違ってボルダリングは敷居も壁も低いです。

必要なのはクライミングシューズと滑り止めのチョークだけ。両方とも殆どのジムでレンタルできます。着替えもレンタル出来るところならさらに身軽に行けます。 

 

チャレンジしてみないことには何もはじまらない。

 

頑固に避けてきたクライミング練習をする気になったわけ

穂高です。

f:id:noboritaiarukitai:20170716221725j:image 

縦走路としては最難関とされていて、くさり場や岩場が続く険しいコースです。

三年前に歩いたのは、北穂~奥穂を涸沢から周回なので、比較的整備されています。

比較の対象は、その前後の西穂~奥穂と北穂~槍ヶ岳で、そこは必要な所にくさりが無い!と聞きます!どうも脆く崩れやすい岩でボルトとか打つのが難しかったりするようで、怖いですね。怖くてまだ行けていません!

西穂高槍ヶ岳の縦走を、かれこれ30年行こうか?こんなとこ行かなくても良いかな?と思案している間に、更に岩が脆くなって危険度増してます。あ~あです。

 

そして、高いとこキライ!って言いながら、バランス感覚だけは良くて、そのせいか手を使ってよじ登るような登山は好きなんです。ん~でも高度感の有るところは苦手で、下を見ないようにして一歩一手に集中して進むから、もうからがっちり岩を掴むので、後半は腕が疲れてダルダルで筋疲労回復にサロメチール塗りまくって歩きました。

 

大好きな涸沢カール♪お鉢の底から穂高の山々を眺めてるだけで満足でした。テントを背負えなくなっても、老後は小屋に泊まってこの景色を眺めながらコーヒーを……そう思っていました。

それが、ふと、元気なうちに登っておけば良かったな~と後悔するより、あそこを歩いたな~って眺めたいと気持が変わり、色々調べて考えてみましたが、

f:id:noboritaiarukitai:20170717220857j:image

なかなか一気に縦走する体力やお休みとお天気が揃わず、自分の現状に合わせて1/3計画の真ん中だけ決行しました。それから暫く経つとカールから見えてる部分は済んだから更なる危険をおかさなくても…でも…でも…どうしよう?

 

でも、とりあえずそのうちジャンダルムも行くとして、安全かつ余裕を持って楽しめるようにするために今更感あるけどライミングを始めよう!と決めたのでした。

 

  1. 高いところに慣れる
  2. ロングなクサリの扱いを知る
  3. 効率的で疲れない岩場の通過
  4. 筋トレとして腕力をつける
  5. バランス感覚を保つ磨く

 

 そしてその秋に初ボルダリングにチャレンジ!

 

 

 

ブログはじめました。

つい最近ブログやってるよって言う長男の話に興味を持ち、ならばやってみようかな?とお勧め聞いて昨夜登録しました。

日中暑い中、やまゆりを見に近くの里山を歩いて来た後なので、足は歩き疲れ頭はブログの設定で疲れ、でも満足な休日でした。
f:id:noboritaiarukitai:20170716093331j:image

治療優先で山歩きも久しぶりです。肌が弱いので、皮膚の保護材ボルダースポーツ
f:id:noboritaiarukitai:20170716095054j:image
を塗ってから出掛けました。キツキツのクライミングシューズを履く時にお勧めと言うか、その為に持っています。ムースをすりこむだけで一肌重ねる感じです。